【書籍】1日でつくれるマクラメアクセサリー   南米で出逢った結びの技 anudo 鎌田 武志
new
5aab1d326bf1391ba6000052 5aab1d326bf1391ba6000052 5aab1d326bf1391ba6000052 5aab1d326bf1391ba6000052

【書籍】1日でつくれるマクラメアクセサリー   南米で出逢った結びの技 anudo 鎌田 武志

¥1,620 税込

送料についてはこちら

内容紹介 待望の初の著書を出版いたしました。 初心者でも半日~1日でつくれるアイテムが中心です。 ブレスレットやイヤリングなどのアクセサリーだけでなく、 手帖バンドやカメラストラップ、時計バンドなど実用的なアイテム全23デザイン、43点を紹介。 ワークショップで人気の「石包みの技法」も丁寧に解説しています。 基本の「巻き結び」と「裏巻き結び」の2パターンさえマスターすれば、タッチング結び、ライン結びも結べるようになり、 本書のほぼすべての作品がつくれ、いろいろなアイテムに応用できます。オリジナルのアクセサリー作りに、小物のカスタマイズに、役立ちます。 【目次】 やればやるだけ発見があり面白い、マクラメ 「巻き結び」と「裏巻き結び」でできる自然の模様――基本の紐4種 手帖バンド ブックマーク オリヘン、オンデュランテ (ブレスレット) 実用の「四つだたみ」――カメラストラップ クルス、オハ、フエゴ、エスピラル ――イヤリング、キーチェーンなど 小さくて便利なポーチ ピラミデ&ソンブレ ――リング 時計バンド 天然石を包む――シングル・フレーム、ダブル・フレーム 【著者について】 anudo 鎌田武志/ 約3年間、南米を住むように旅する中、マクラメに出逢う。 現地の大自然の造形や民族衣装などから刺激を得、独自の技法やデザインを生み出す。 「anudo」とは、「私は結ぶ」という意味のスペイン語。紐などのモノはもちろん、人との友好関係にも使う言葉。 旅をしながら、小銭入れなど必要なものを紐で結んで作るうちに、様々な作品を考案した。 今でも年に何度か南米やインドなどの鉱山に赴き、自ら天然石を採掘したり、買い付けたりしている。 研磨した天然石や、南米アマゾンに自生する植物の実や種などをマクラメのモチーフにしている。 【編集部からのコメント】 南米の大自然や各国の民族衣装などから刺激を得、それを結びのカタチにしているanudoの作品は、 デザイン性が高く、色の組み合わせが絶妙です。その中から、はじめてでも作れる、楽しめる作品を中心に選びました。 「短時間で何か手作りをしたい! 」と思う方に最適です。色の組み合わせのヒントになる、anudoの15パターンもチャートにしました。 単行本: 80ページ 出版社: 世界文化社 (2018/3/16)

その他のアイテム